MENU

エクオールのサプリメンとで更年期障害の対策をして若返りましょう

腸内フローラに住む産生菌によって生み出されるエクオールは、年齢を重ねた女性の健康や美容に役立つだけではなく、更年期障害にも効果があると話題になっている注目の代謝物です。サプリメントも人気でなんです。

 

 

腸内フローラの善玉菌を増やすためには

 

腸内フローラという言葉を聞いたことはありますか?CMや雑誌などでなんとなく聞いたことがあるという人も多いでしょう。腸内フローラとは、細菌が住み着いた腸壁を顕微鏡で見た時に、花畑のようだったことから名付けられました。簡単に言えば、腸内環境のことを言います。腸内には3つの菌が存在しているのですがご存知でしょうか?3つの菌はそれぞれ善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分かれ、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の割合で生息しています。善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌など腸内で良い働きをしてくれるもののことを言い、悪玉菌はウェルシュ菌や病原性大腸菌などの悪さを働く菌のことを言います。日和見菌は「ひよりみきん」と言い、傍観者的な位置にいます。しかし、善玉菌や悪玉菌のどちらかが優勢になると味方をしてしまう性質がある為、腸内の健康を維持していく為には善玉菌が優勢でいなければなりません。エクオールサプリメントは更年期障害に役立つのです。

 

 

年齢に応じて腸内の善玉菌は減少する傾向があり、積極的に摂取していかなければならないのです。腸内環境で悪玉菌が増えてしまうと、便秘や下痢などの症状だけに留まらず、体全体への影響が出てしまいます。例えば、便秘を起こしていると肌トラブルを起こしやすくなりますよね。それは、腸内でビタミン産生菌の働きが悪くなり、ビタミンを作り出すことができなくなってしまうからなのです。肌トラブルを改善する為には、まず腸内の働きを良くする必要性があります。善玉菌が優勢でいてくれることで、腸内環境はとても良くなり、体全体の調子も上がってきてくれます。善玉菌を腸内で増やす為には、乳酸菌やビフィズス菌が多く含む食材を食べることが大切ですが、毎日気を遣うのが大変という人にはサプリメントがお勧めです。サプリメントを選ぶ際に気を付けたいのが、含有量と生きたまま腸まで届くかどうかをしっかりチェックしましょう。胃で吸収されてしまうタイプですと、腸まで届かずに思った効果を得られないことが多いようですので注意してください。食事プラスサプリメントで腸内の善玉菌を増やしていきましょう。エクオールは作れなくてもサプリであるので更年期には!

 

腸内フローラにいる産生菌とは

 

腸内フローラには様々な細菌が生息していると言いましたが、その中には女性にとって嬉しい産生菌が存在しています。産生菌の力によって、成分が変化し有効な状態にしてくれるのです。最近注目されているのが、エクオール産生菌です。これは、大豆製品を摂取した際に大豆イソフラボンに変化し、その中の成分であるダイゼインが産生菌によってエクオールという代謝物へと変化します。この代謝物が女性ホルモンであるエストロゲンの隙間を埋め、骨や皮膚、脳や血管を守る役割をしてくれるのです。大豆イソフラボン自体は、女性ホルモンと似た働きをすると以前から注目されている成分ですが、こちらの代謝物の方が更年期障害に有効であるという情報もあるようです。また、この代謝物に関しては、産生菌が存在するかしないかによって自力で作り出せないという人も多く存在します。更年期障害の症状が重いという人の多くが産生菌が存在しないことによって作り出せていないという事実がわかっているようです。女性の2人に1人の割合でしか作り出すことができないのですが、自分が作り出せているのかどうかわからない人も多いでしょう。その場合は、クリニックなどで簡単に検査をすることができます。通称ソイチェックと呼ばれるその検査は、尿検査1つでわかるそうで、尿に代謝物が存在しているかどうかで確認することができます。もし、自力で作り出すことができない場合も、サプリメントで補うことができますので安心してください。この代謝物は別名スーパーイソフラボンとまで言われるぐらい、女性にとって欠かせないものであることは間違いありません。この代謝物は、更年期障害の改善だけではなく、若返りの効果も期待できると話題になっています。大豆製品を積極的に摂取をしても特に変化を感じなかったという人は、まずはソイチェックを受けてみましょう。検査結果によって、自分で作り出すことができない場合は、サプリメントで補ってあげましょう。もしかしたら症状を改善することができるかもしれません。エクオールサプリメントで更年期障害の症状の緩和をしましょう